STORYS

STORYS
開発物語

TBK 商品誕生の開発ストーリー
ERISODE 01
地域をまるごとデザインしたい!
少子高齢化が進む故郷の地域の活力となる看板商品を作りたい!

地域資源である高品質の椿油で「ここでしか作れない価値あるもの」として残していくために、小さな島と地域を巻き込んだコスメ開発が始まりました。
01
佐賀県最北端の人口約90名ほどの小さい島「加唐島」は、古くは日本書紀にも「椿の島」と記されるほど数多くの椿が自生しています。島の特産品は「椿油」。少子高齢化が進む故郷では後継者不足もあり、特産品である椿油が失われようとしていました。
02
デザイナーとして故郷に何ができるのか?

これまで積み上げてきたノウハウとデザイン力を活かし、地域の活力となる島の看板商品製作を決意!
03
ERISODE 02
予想外の問題...
故郷をなんとかしたい!その思いの丈を説明すべく、早速島民の方に集まってもらいました。

ところが予想外にも島民の方は猛反対・・・

「みんな体もきつかて、人もおらんとに誰がするとね?」
そして、ここで初めて後継者不足の現実を知りました。
01
船で島を離れる時は、
本当に悲しい光景に見えました...
02
ERISODE 03
地元の有志・コミュニティー
まずは島民に認めてもらうために自分ができること!

地元の有志や商工会青年部に声をかけ、草刈りや収穫作業をなどをお願いしました。
01
椿油の持つ古いイメージを払拭すべく、椿油を使ったワークショップなども島で開催しました。
何よりも、島の人たちや子供達との出会いが嬉しかったです。
02
これらの活動を通して島を訪れる人が多くなりました。

そしてこのような活動が認められ、
ようやく島民の皆さんからお許しを頂きました。
03
ERISODE 04
分析開発...そして完成へ
そして商品開発までたどり着きました。

こんなに素晴らしい特産品を
なくすわけにはいかない!
01
椿油の成分を壊さず表現できる商品開発を試行錯誤しながら考案。

①天然ヤブ椿100%
②非加熱圧搾(コールドプレス)
③自生椿の維持管理
02
「女性ならではの商品」をキーワードに
5つのアイテムの商品が完成しました。
03
ERISODE 05
最優秀アワード受賞!“島の看板商品”に!
たくさんの方に知ってもらいたくて、全国で地域の魅力をアピールしてきました。
東京〜沖縄まで1年間の公演回数15回
01
2019年九州ビューティーアワードにて
「最優秀賞」を獲得
02
優秀賞を受賞したことで様々なメディアにも取り上げてもらいました。
03
そして、加唐島の看板商品を
世に送り出すことができました。
04

TBKの「地域をまるごとデザイン」は、
これからも続きます!

To be continued...